受験前にやる気が起きたら

受験前1か月まで、志望校は絶対安全なところだったので私はゆったり構えていました。
しかし、最後の希望校調整の段階になり急に三者面談であきらめていたところを受験したいと言われ、急遽、塾の手配と家庭教師・・・いままで塾すら行ってなかったのに、宿題すら最低限だったのに。
眠ることが何より好きな子が、寝る間も惜しんで頑張りました。

三者面談で先生から無理と言われあきらめたとき、気付いてやれたらもっと早い段階で対策できたのかも・・・とも思いますが、その時はそれほど受験したしたいという気持ちは高まってなかったのしれません。
一度、あきらめたことでやっぱりと思えたのだとしたら、通るべき道だったようにも思います。
何がやる気に繋がるかわからないなぁと思います。
そして、一番大切だと思うのが、やる気が起きたときできる限りのことをしてやりたい。ということです。
受かっても落ちても後悔しないよう、力を出し切ってもらえるよう応援、援助することくらいしか親にはできません。
食事で、体調管理もがんばりました。朝ごはんに具だくさんスープを前日から作ったり、おかずないときはそのスープに卵落としたり、そういう小さな1つ1つが子供にも届いて頑張っていたように思います。

Comments are closed.