私がやっていた高校受験勉強法

高校受験時の勉強方法です。
受験する高校を決めたのが遅かったため、ちゃんと勉強をした記憶は受験の約1週間前ですが、それまではゆるくコツコツと勉強はしていました。
私は文系科目(国語、英語、社会)は得意でしたが、理系(数学、理科)はテストでも10点以下の点数をとるくらいひどいものでした。
そのため、数学はどちらかといえば得意であった計算問題を中心に中学1年生レベルから復習をしました。

理科に関しては担当していた先生が授業放棄をしていたため、当時受講していた進研ゼミで勉強を行い、進研ゼミの教材のみで復習をしました。
それ以外だと学校で放課後に自習時間が設けられていたため、その時間を利用して学校側で準備されていたプリント問題をやっていました。
おかげで受験前、最後の定期テストでは理系科目の点数が2桁をとれるようになっていました。
文系科目に関しては元々好きだったこともあり、受験に関係なく積極的に勉強をしていました。
文系科目も理系科目同様に自宅で進研ゼミで復習し、学校のプリントをやっていました。
それ以外にも国語と英語は担当の先生がドリルを配布されていたので、そのドリルを毎日やっていました。
5科目以外では小論文対策として新聞の切り抜き(主に評論)をノートに貼って、小論文を書いて先生に添削をして頂いていました。
受験した高校は小論文はありませんでしたが、物事を順序立てて考える癖がついたのでいい経験になりました。

Comments are closed.