公立高校第一志望の方必見!おすすめは私立高校の「入試相談制度」

これはあくまで千葉県で公立高校を目指す方向けの記事です。
公立高校が第1志望で、滑り止めに私立高校を受けるという方は多いと思います。
その時にぜひ利用したいのが私立高校の「入試相談制度」です。

一部の私立高校では、生徒の中学校での成績表を元に事前に志望校の先生と中学校の先生が話し合い、その生徒の合格の可能性を探る「入試相談制度」があります。

その私立を第1志望とする単願推薦、そして残念ながら第1志望の公立高校を落ちてしまった場合には必ずその私立に入学することを約束する併願推薦なるものがあります。

お勧めしたいのはこの「併願推薦」です。
学校によってはその生徒の中3の前期の成績表だけ(中1中2の成績は関係なし)で判断するところもあるので、もし、成績が志望校の要求するレベルに達していれば、そこでもう合格が確約されたも同然ということになります。
(試験は他の一般入試の生徒と同日に受験します。)

その入試相談の時期が11月ですから、中3の前期の定期テストのみを必死に頑張り、規定の成績をおさめることができれば、11月にはもう私立高校の合格の確約を勝ち取ることができます。
もともと公立高校が第1志望なわけですから、あとは公立高校の入試に向けた勉強に専念することができ、学校によって入試に特徴のある私立向けの勉強をほとんどしなくてよいことになります。

勉強面もそうですが、精神面では段違いに楽になることでしょう。
中1~中2ではほとんど勉強してこなかったという生徒さんでも中3の定期テストで結果を出せば間に合います。
入試相談制度の条件は毎年変わることもあるので、まずは学校や塾の先生に相談してみてはいかがですか。

Comments are closed.